海外赴任とリロケーション

仕事で海外赴任が決まった際に、それまで居住していた分譲マンションをどのように扱うのか悩んでしまうことがあります。3年、5年など赴任期間が限定されていて、いずれ戻ってくることがわかっていれば、ローン完済していないこともあり、そのまま空き家として放置するのはとてももったいない気がします。また、防犯上や維持管理の問題もあり、できれば期間限定で賃貸したいと考えることもあるでしょう。そんなとき、不動産会社に相談するのが一般的だと考えられています。

不動産会社の主な業務といえば賃貸に関する仲介業です。入居者の募集から賃貸契約の手続きなどを行って、入居者から家賃1ヵ月分を上限として手数料を受け取るのが一般的です。このほかに、物件のオーナーと管理業務委託契約を結んで、建物の修繕や家賃徴収、入居者のクレーム対応などを行う管理業務があります。アパートなどを借りる際に利用する不動産会社のほとんどは、仲介業務のみの扱いですが、今、話題のリロケーションサービスを提供している不動産会社は、仲介業務とともに管理業務も扱っています。

海外赴任中に留守にするマンションを賃貸に出すには、普通借家契約と定期借家契約の2つのタイプが考えられますが、リロケーションの場合は、定期借家契約の形となります。普通借家契約にしてしまうと、一定期間の契約が満了となると自動更新されてしまうなど、入居者に有利なことが多くなり、海外赴任から戻ってきてもすぐに戻って居住することができない可能性があるからです。当サイトでは、海外赴任中に利用したいマンションのリロケーションについて紹介します。